工房日記

交趾梅形小皿ー色盛り

色絵紅白梅紋大鉢ー削り仕上げ

交趾梅形小皿ー色盛り
色絵紅白梅紋大鉢の削り仕上げをしたあと、口元に輪花をとって仕上げます。絵付けは交趾梅形小皿の色盛りです。

交趾梅形小皿ー削り仕上げ

交趾梅形小皿ー削り仕上げ

絵替わり飯碗葵紋ー下絵付け
交趾梅形小皿の削り仕上げです、最後に中央にシベを彫って完成です。絵付けは絵替わり飯碗(葵紋)の下絵付けです。絵付けをしてから掻き落として仕上げです。

つぼつぼー色盛り

つぼつぼー色盛り

絵替わり飯碗ー削り仕上げ
絵付けはつぼつぼの色盛りです。制作は絵替わり飯碗の削り仕上げです。

色絵紅白梅4寸皿ー金付け

雪笹紋向付ー雪降らし

色絵紅白梅紋4寸皿ー金付け
出来た形に笹の絵付けを施し、化粧で雪を降らせます。絵付けは紅白で焼き付けた上に金でシベを入れていきます。

ぼんぼりー六角削り

ぼんぼり6角面出し

交趾松小皿ー色盛り
削り仕上げたぼんぼりを六角に仕上げていきます。凡その割を付けて六角に面を削り出していきます。絵付けは交趾松小皿の色盛りです。

雪笹紋向付ー足付け

雪笹紋向付ー足付け色絵紅白梅4寸皿ー絵付け
削り終えた雪笹紋向付に足を付けていきます。予めつける場所に印をいれてびねりで付けていきます。こういう細かい箇所には個性が出るそうです^_^
絵付けは色絵紅白梅4寸皿の上絵付けです。幹と紅梅に色を付けていきます。

雪笹紋向付ー削り仕上げ

交趾松小皿ー色盛り
雪笹紋向付ー削り仕上げ
今日の仕事は先日ろくろ引きしました雪笹紋向付の削り仕上げです。専用のへらで削ります。絵付けは交趾松小皿の色盛りです。

雪杉図向付ー化粧かけ

雪杉図向付ー化粧かけ

色絵紅白梅紋大鉢ー金付け
削り終えた雪杉図向付に化粧をかけていきます。絵付けは色絵紅白梅紋大鉢の金付けです。

雪笹向付ー制作

雪笹紋向付ー制作
色絵小紋箸置きー絵付け
雪笹紋向付のろくろびきです。ろくろでひいてから手で四方に仮形取りします。それと色絵小紋箸置きの絵付けです。

金彩もみじ平鉢ー赤絵付け

金彩もみじ平鉢ー絵付け
錫銚子陶蓋ー制作
金彩もみじ平鉢の赤絵付けです。これで一度焼き付けて金で葉脈を入れて行きます。制作は錫銚子の陶蓋のろくろびきです。

金彩もみじ平鉢ー削り仕上げ

金彩もみじ平鉢ー削り仕上げ
交趾松小皿ー重ね盛り
今日は暖かい一日でした、工房も窯をたいたので温かったです。
金彩もみじ平鉢お待ちの皆様、お待たせしております。成形終了し、窯場にて乾き待ちです。今しばらくお待ち下さいませ!
絵付けは交趾松小皿の重ね盛りです。

4寸皿ー削り仕上げ

4寸皿ー削り仕上げ
梅紋平向付ー化粧掛け
工房は日に日に寒くなってきています。今日は裏山の掃除をし焚き火をしました。この前の台風でかなり木が倒れているので少しづつ片付けてます。
仕事は4寸皿の削り仕上げと梅紋平向付の化粧盛りです。

交趾松小皿ー色盛り

梅紋平向付ー削り仕上げ
交趾松小皿ー色盛り
乾山写梅紋平向付、削り仕上げの続きです。絵付けはぼんぼりの赤絵とお正月の交趾松小皿、色盛りです。

雪笹紋平盃ー制作

雪笹紋平盃ー制作
若松紋4寸皿ー絵付け
以前にお客様から伺ったリクエストで雪笹紋の平盃がありました。この度、形にしてみます!
絵付けは若松紋4寸皿です。

梅紋平向付ーろくろ制作

梅紋平向付ーろくろ制作
若松4寸皿ー絵付け

乾山写梅紋平向付のろくろ制作です。もう年明けの梅の器作りです。絵付けは若松紋4寸皿です。

金彩もみじ平鉢‐絵付け

金彩もみじ平鉢‐絵付け
交趾松小皿-削り仕上げ
朝晩冷える様になりました。仕事場は年末仕事に入ってます。陶主は交趾松小皿の削り仕上げです。絵付けは金彩もみじ平鉢の赤絵付けです。

焼き上げ作品2018年9月

乾山写し菊形向付

菊形向付201809

乾山写し葵紋飯碗

乾山写し葵紋飯碗201809

黄交趾豆土器皿

黄交趾豆土器皿201809

金彩もみじ紋大鉢

金彩もみじ紋大鉢201809

青交趾豆豆鉢

青交趾豆豆鉢201809

黄交趾豆豆鉢

黄交趾豆豆鉢201809

銹絵菊紋平向付

銹絵菊紋平向付201809

窯詰め-2018.9.24

お月見2018

窯詰め20180924

今日は中秋の名月ですね。雲の間から見えるお月様が綺麗です。
お花見用に薄と萩を頂いたので陶主が壺に活けました。丸壺がお月様をイメージしてます!
さて、工房は窯焚きに向けて動きました。施釉や釉直し、そして窯詰めです。

新作見本制作

見本制作h300917

青交趾豆豆鉢=色盛り
今日の陶主の仕事は年末年始の為の新作見本の制作です!こちらの器は光琳梅をモチーフにしたお皿です。他にツボツボも作りました。絵付けは青交趾豆豆鉢の色盛りを終え、第二弾、菊型向付の下絵付けに入りました。

錆絵菊紋平向付-制作

錆絵菊紋平向付、ろくろびき

黃こうち豆土器皿
朝晩、冷える様になりました。そろそろ岸和田祭りの支度が始まってるころでしょうか?
さて仕事場は菊型向付の制作が終わり(これから絵付けです)陶主は、菊紋平向付の制作に入りました。絵付けは黃交趾豆土器皿の色盛りです。

蝋燭を灯して

台風21号停電中の水間焼伏原窯

菊型向付-色盛り
台風21号による被害を受けられました方々、また北海道の震度7の地震による被害を受けられました方々に、心よりお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
幸い私どもの仕事場は台風による破損はなく、翌日から制作を続けることが出来ております。
しかしながら停電が続いており、電話とネットが繋がりませんので、お問い合わせ等の返事に少々をお時間を頂いております。予めご了承下さいませ。

仕事は明るいうちに自然光で制作しております。菊型向付の続きです。型起こしと金彩です。蝋燭の灯りは暖かいオレンジの光で癒やされますが、蛍光灯の様にはいきませんね(^^)

乾山写菊型向付-足付け

乾山写菊型向付-足付け
今日の仕事は、削り仕上げを済ました菊型向付けに足を付ける作業です。器の形を見ながら、足を付ける場所に印をいれ土を付けます。格好良く面をとって完成です。