工房日記

窯詰め-2018.9.24

お月見2018

窯詰め20180924

今日は中秋の名月ですね。雲の間から見えるお月様が綺麗です。
お花見用に薄と萩を頂いたので陶主が壺に活けました。丸壺がお月様をイメージしてます!
さて、工房は窯焚きに向けて動きました。施釉や釉直し、そして窯詰めです。

窯詰め-2018.9.24

この記事の関連キーワード

新作見本制作

見本制作h300917

青交趾豆豆鉢=色盛り
今日の陶主の仕事は年末年始の為の新作見本の制作です!こちらの器は光琳梅をモチーフにしたお皿です。他にツボツボも作りました。絵付けは青交趾豆豆鉢の色盛りを終え、第二弾、菊型向付の下絵付けに入りました。

新作見本制作

この記事の関連キーワード

錆絵菊紋平向付-制作

錆絵菊紋平向付、ろくろびき

黃こうち豆土器皿
朝晩、冷える様になりました。そろそろ岸和田祭りの支度が始まってるころでしょうか?
さて仕事場は菊型向付の制作が終わり(これから絵付けです)陶主は、菊紋平向付の制作に入りました。絵付けは黃交趾豆土器皿の色盛りです。

錆絵菊紋平向付-制作

この記事の関連キーワード

蝋燭を灯して

台風21号停電中の水間焼伏原窯

菊型向付-色盛り
台風21号による被害を受けられました方々、また北海道の震度7の地震による被害を受けられました方々に、心よりお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
幸い私どもの仕事場は台風による破損はなく、翌日から制作を続けることが出来ております。
しかしながら停電が続いており、電話とネットが繋がりませんので、お問い合わせ等の返事に少々をお時間を頂いております。予めご了承下さいませ。

仕事は明るいうちに自然光で制作しております。菊型向付の続きです。型起こしと金彩です。蝋燭の灯りは暖かいオレンジの光で癒やされますが、蛍光灯の様にはいきませんね(^^)

蝋燭を灯して

この記事の関連キーワード

菊型向付、制作!

乾山写菊型向付-絵付け
大変久しぶりの投稿になってしまい、失礼しております。このH30年の夏、制作ブログを見たとお声を掛けて頂くことがあり、最近更新してないので恐縮とともにお客様との繋がりを感じ、とても嬉しい気持ちになりました。しっかりと毎日の仕事を伝えていこうと気持ちを新たにして、筆をとりました!どうぞよろしくお付き合い下さいませ。
今日は乾山写菊型向付の型起こしと、昨日本焼きしました先の菊型向付の上絵付けです。この夏、沢山の注文を頂き、当分は菊型向付の制作が続きます。

菊型向付、制作!

この記事の関連キーワード

伏原窯のお薦め飯茶碗

 

伏原窯おすすめの器をご紹介!

 

乾山の器を飯茶碗に置き換えた、

普段使いの飯碗です。

 

持つ手は軽く、見た目にも華やかで、

お食事の気分を明るく照らします。

 

おひとつから、どうぞ。

 

201741910728.jpg

 

葵の花模様が華やかなこちらには、

季節の炊き込みご飯を。

 

 

201741910758.jpg

 

サイズ 径11.4 × 高さ5.8 

少々小ぶりな、女性の手のひらにも納まる程度の大きさです。

 

 

工房でもこのお茶碗でご飯を食べていますが、

ふしぎと、毎日の食卓がぱっと明るくなるのです。

皆さまの食卓でも実感していただきたいなぁと

心から思います。

 

特集葵飯碗.jpg

 

葵紋茶碗 ¥6,930(税抜)

葵紋の飯碗は工芸店様でも取り扱っています。 

器の楽しいお話と共に、詳しく書かれていますので、

ぜひご覧ください。

こちら

 

 

2017419101013.jpg

 

絵替わりで5種ございます。

左上から:葵紋・七宝紋・雲紋

左下:木紋・梅紋

 

こちらの5種セットは貝塚市ふるさと納税返礼品の

対象商品となっております。

貝塚市ふるさとチョイスは こちら

 

 

お問い合わせはページ右上の [ お問い合わせ ] をクリックし、

質問フォームよりお願い致します。