青もみじ紋平鉢ー絵付け

仕事は青もみじ紋平向付の削り仕上げです。絵付けは青もみじ紋平鉢の黒でもみじの葉脈描きと先日の小皿シリーズ銀杏の色見本すり合せです。


20170419.jpg2017642092.jpg20176420918.jpg

伏原窯のお薦め飯茶碗

 

伏原窯おすすめの器をご紹介!

 

乾山の器を飯茶碗に置き換えた、

普段使いの飯碗です。

 

持つ手は軽く、見た目にも華やかで、

お食事の気分を明るく照らします。

 

おひとつから、どうぞ。

 

201741910728.jpg

 

葵の花模様が華やかなこちらには、

季節の炊き込みご飯を。

 

 

201741910758.jpg

 

サイズ 径11.4 × 高さ5.8 

少々小ぶりな、女性の手のひらにも納まる程度の大きさです。

 

 

工房でもこのお茶碗でご飯を食べていますが、

ふしぎと、毎日の食卓がぱっと明るくなるのです。

皆さまの食卓でも実感していただきたいなぁと

心から思います。

 

特集葵飯碗.jpg

 

葵紋茶碗 ¥6,930(税抜)

葵紋の飯碗は工芸店ようびさんでも取り扱っています。 

器の楽しいお話と共に、詳しく書かれていますので、

ぜひご覧ください。

こちら

 

 

2017419101013.jpg

 

絵替わりで5種ございます。

左上から:葵紋・七宝紋・雲紋

左下:木紋・梅紋

 

こちらの5種セットは貝塚市ふるさと納税返礼品の

対象商品となっております。

貝塚市ふるさとチョイスは こちら

 

 

お問い合わせはページ右上の [ お問い合わせ ] をクリックし、

質問フォームよりお願い致します。

 

 

小皿シリーズ「銀杏」ー色合せ

仕事は青もみじ紋平向付の削り仕上げです。絵付けは青もみじ紋平鉢の色盛りと小皿シリーズの「銀杏紋」の色合せです。

20170418.jpg

青もみじ大鉢ー色盛り

仕事は窯焚きと青もみじ紋平鉢の削り仕上げです。絵付けは交趾土器皿と青もみじ大鉢の色盛りです。


20170413.jpg201764195328.jpg

201764195344.jpg20176419541.jpg

松根かわらけ盃ー絵付け

仕事は青もみじ紋平鉢の削り仕上げと釉薬かけ、窯詰めです。絵付けは百合紋平向付、竹雀紋蓋向付の下絵付け仕上げと十草紋飯碗の下絵付け、松根かわらけ盃の上絵付けです。


20170412.jpg201764194649.jpg20176419475.jpg

青もみじ紋平鉢ー削り仕上げ

制作は青もみじ平鉢のろくろびきを終え、削り仕上げに入りました。絵付けは交趾土器皿の色盛りと十草紋飯碗の下絵付けです。


20170411.jpg2017513183132.jpg2017513183148.jpg

百合紋平向付ー下絵付け

制作は青もみじ紋平鉢のろくろ制作です。絵付けは交趾土器皿の色盛りと百合紋平向付と十草紋飯碗の下絵付けです。


20170410.jpg2017513182733.jpg2017513182750.jpg

雪笹紋向付ー絵付けと雪降らし

制作は竹雀紋蓋向付の見本ろくろ制作です。足付けの済んだ雪笹紋向付に雪を降らして笹紋を描きました、その後もう一度雪を降らして完成です。絵付けは交趾土器皿です。


20170408.jpg2017513182219.jpg2017513182233.jpg

2017513182248.jpg201751318234.jpg

百合紋平向付ー化粧盛り

制作は雪笹紋向付の足付けの続きです。絵付けは交趾土器皿の色盛りと百合紋平向付の化粧盛りと下絵付けです。


20170407.jpg201751318712.jpg201751318727.jpg

雪笹紋向付ー足付け

制作は雪笹紋向付の底面カットと口元のカット、足付けです。絵付けは交趾土器皿の色盛りと百合紋平向付の割付です。


20170406.jpg201751318315.jpg201751318331.jpg

青もみじ平向付ー絵付け

制作は雪笹紋向付のろくろ制作の続きです。絵付けは青もみじ紋平向付と交趾土器皿の色盛りです。土器皿の裏面中央についているものは土で目を立てたものです。そのまま焼くと棚板に引っ付いてしまうので目立てをしています。


20170405.jpg201751317575.jpg

青もみじ平向付ー絵付け

制作は十草紋飯碗の削り仕上げを終え、雪笹紋向付のろくろ制作です。絵付けは交趾土器皿と青もみじ平向付の色盛りです。


20170404.jpg2017513175315.jpg2017513175329.jpg

交趾土器皿ー色盛り

制作は十草紋飯碗のろくろ制作を終え、削り仕上げに入りました。絵付けは交趾土器皿と青もみじ平向付の色盛りです。


20170403.jpg2017513172127.jpg2017513172141.jpg

十草紋飯碗ーろくろ制作

制作は十草紋飯碗のろくろびきです。ろくろに入る前に十草飯碗用のへらを作りました。絵付けは交趾土器皿の色盛りと青もみじ紋平鉢の葉脈描きです。


20170401.jpg2017513171637.jpg2017513171655.jpg

青もみじ紋平向付ー絵付け

制作は百合紋平向付の削り仕上げの続きです、銀杏紋小皿に施釉し、窯に入れました。絵付けは青もみじ紋平向付の絵付けです。黒で葉脈を描いていきます。


20170330.jpg2017513161529.jpg2017513161547.jpg

百合紋平向付ー削り仕上げ

仕事は百合平向付のろくろ削り仕上げです。絵付けは菊形向付の色盛りと竹雀紋蓋向付と乾山筒向付の下絵付けです。


20170329.jpg201751316334.jpg

201751316353.jpg201751316413.jpg

新作見本蓋向付ー仕上げ

制作は新作見本削り仕上げと化粧かけです。絵付けは菊形向付、まり紋5.5寸皿の色盛りと青もみじ紋平鉢の葉脈描きです。


20170328.jpg2017430224934.jpg

まり紋5.5寸皿ー絵付け

制作は新作見本竹雀紋蓋向付のろくろ制作です。絵付けはまり紋5.5寸皿の金の骨描きと青もみじ紋平向付、菊形向付の色盛りです。


20170327.jpg2017430224347.jpg

201743022446.jpg2017430224426.jpg

乾山百合紋平向付ーろくろ制作

制作は乾山絵替わり百合紋平向付のろくろ制作です。絵付けは菊形向付の色盛りと青もみじ平鉢の割付とまり紋5.5寸皿の金の骨描きです。


20170325.jpg2017430223843.jpg201743022392.jpg

菊形向付ー絵付け

制作は銀杏紋小皿の削り仕上げです。絵付けは菊形向付の色盛りと青もみじ紋平向付の割付、まり紋5.5寸皿の割付です。


20170324.jpg2017430223346.jpg

交趾土器皿ー削り仕上げ

制作は交趾土器皿の梳り仕上げです。絵付けは青もみじ紋大鉢です。黒で葉脈を描いていきます。


20170322.jpg2017430222644.jpg

窯詰めー2017.03.21

制作は松根かわらけ盃と交趾土器皿の削り仕上げ、銀杏紋小皿の荒削りです。その後、施釉して窯を詰めました。菊形向付のみの大名窯です。絵付けは菊形向付の下絵付けです。


20170321.jpg2017430222218.jpg

松根かわらけ盃ー手ひねり

制作は交趾土器皿の制作を終え、松根かわらけ盃の制作に入りました。型は銀杏紋小皿の型起こしです。絵付けは菊形向付の下絵付けです。


20170318.jpg20174302249.jpg

201743022430.jpg201743022447.jpg

 

菊形向付ー下絵付け

制作は交趾土器皿の製作と銀杏紋小皿の型起こしです。絵付けは菊形向付の下絵付けです。


20170317.jpg20174302203.jpg201743022024.jpg

交趾土器皿ー製作

制作は菊形向付の2回目の化粧を施し、制作終了です。乾かしに入りました。昨日の土のお団子を使って交趾土器皿の製作です。絵付けは菊形向付の下絵付けと上絵付けです。


20170315.jpg2017430214743.jpg201743021487.jpg

菊形向付ー絵付け

制作は菊形向付の足付け化粧がけを終え、次の仕事の準備、交趾土器皿の土の用意です。絵付けは菊形向付の下絵付けと上絵付け、色盛りです。


20170314.jpg2017430214148.jpg201743021427.jpg