2011年 10月 の投稿一覧

京焼「結び紋箸置き」ー上絵付け

陶主は京焼「菊形向付」の削り仕上げです。一つひとつが細かく、体が固まってしんどそうです。私は焼きあがった京焼「結び紋箸置き」の上絵付けです。一つづつ、赤を入れていきます。いつものことですが、色が入るとものの形がはっきりします。


20111031-1.jpg20111031-2.jpg20111031-3.jpg

結び紋箸置きー施釉

陶主の仕事は京焼「菊形向付」の削り仕上げが続いております。中央画像が焼き上がりの姿です。素焼きが出来ている箸置きに釉薬をかけました。こちら単独でやきます。私はホームページの商品ページ作成です。  


20111029-1.jpg20111029-2.jpg20111029-3.jpg

2011年10月焼き上げ作品 その3

辰砂釉の窯が出てきました!焼け具合は辰砂というより、均窯風の乳濁した淡い感じの色合いです。赤の中に濃いエメラルドグリーンが入った、エキゾチックな雰囲気に焼けたものもあります。伏原窯の辰砂釉は窯毎に色合いが変化します。お気に召しましたものはその時にご入用の分をお買い求めくださいませ。辰砂釉の場合、あの時のあれがまた欲しいは少し難しいですので~。ではどうぞ、お楽しみくださいませ。ただ今商品ページ作成中です。しばらくお待ちくださいませ。

辰砂椿文夫婦湯呑

y201110-6.jpg

辰砂椿文豆皿

y201110-7.jpg

辰砂花文カップ

y201110-8.jpg


 

辰砂椿文飯碗

y201110-9.jpg

鉄刷毛目飯碗

y201110-10.jpg

刷毛目飯碗

y201110-11.jpg

刷毛目どんぶり

y201110-12.jpg


辰砂打ち釉マグカップ

y201110-13.jpg

辰砂打ち釉マグカップ・ミニ

y201110-14.jpg

乾山写し「花文小皿」の再び追加制作

陶主は菊形向付の削り仕上げの続きです。私は絵付けは花文小皿を描き終え、錦窯(上絵窯)に入れました。この花文小皿も定番になってきました。有難いです。昨日焼けてきました新作たちの写真撮影とページ制作に入ります。


20111027-1.jpg20111027-2.jpg20111027-3.jpg

辰砂釉の窯出し

辰砂釉の窯を窯出ししました。今回の辰砂は均窯風に焼けました。お後は焼き上げ作品紹介でアップしてます。仕事は菊形向付の削り仕上げです。内側、外側を丁寧に削り仕上げていく作業はなかなか素早くできる作業ではなく、陶主はかなり肩がこっている様子です(^^)私は花文小皿の絵付けです。


20111026-1.jpg20111026-2.jpg

秋の味覚、栗の甘煮を「紅葉小皿」で

otya20111025.jpg

この”お茶請けでほっこり”のコーナーでは頂き物のお菓子や、私すたっふMが作ったお菓子やパンを水間焼の器を使ってご紹介したいと思います。どうぞ宜しくお願いします。少し粉物が多くなる気もしますが、、、よろしくです。

工房のある大川村は今年、栗が当たり年の様で私のところにもお裾分けを頂きました。たくさん頂いたのでいろんなことに挑戦できました。今日のお茶請けは”栗の甘煮”です。そして器は、新作のこの葉形紅葉皿を使いました。少し盛るのにとってもいい感じでした。他にもこの大きさのお皿だと、マカロン一つだとか、大きな梅干を一つのせるのにもよさそうです。←最初のこの写真をみて陶主が梅干みたいやなと言われたので、それもいけそうと思いました(^^)

otya20111025-2.jpg otya20111025-3.jpg
京焼 この葉形紅葉小皿 湯呑 鉄斎ろう抜き草花文湯呑

今日は窯焚き

陶主は窯焚きをしながらの、今日は火曜教室の日でした。写真は生徒さんの作品に手を入れているところです。大茶盛ほどは大きくないけれど大きな茶碗をというリクエストです(^^)私は十草飯碗を仕上げ、花文小皿の追加制作の用意です。緑の上絵具を調合してすり鉢ですっています。

20111025-1.jpg

窯詰めー2011.10.24

陶主は朝から窯の掃除をし、先日から用意をしていました辰砂釉の窯を詰めました。内容は、辰砂を使った飯碗、マグ、湯呑、豆皿、刷毛目の飯碗、丼です。絵付けは十草飯碗の続きです。


20111024-1.jpg20111024-2.jpg

 

京焼「菊形向付」の削り仕上げ

京焼「菊形向付」の削り仕上げです。この仕上げが大変なようです。菊の花びらを一枚一枚、鉋(カンナー削り仕上げをするための道具)で削りだしていきます。絵付けは京焼「十草文飯碗」の続きです。呉須(青く発色する絵具)線をひきおえ、茶の線を引き始めました。十草の絵付けは線のリズムとタイミングが大事です。


20111022-1.jpg20111022-2.jpg20111022-3.jpg

椿文夫婦湯呑ー上絵付け

陶主は京焼「菊形向付」型打ち制作の続きです。私は椿文夫婦湯呑の絵付けです。その後、工芸店ようびさんで定番になった十草文飯碗の下絵付けです。


20111021-1.jpg20111021-2.jpg