来客、懐かしの水間焼を持って

来客、懐かしの水間焼を持って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水間焼の古くからのお客様が、20年前(陶主35歳くらい)の作品をもって遊びに来られました。蹴りろくろで作られた豊かなたわみのあるお皿と粉引の汲み出しを見せてくれました。この時の作品は窯も違い、やはり焼けもかわりますね。土の色合いや、釉の発色、何ともいいものでした。懐かしの器なのに、古く感じない不思議な器です。見せてくださってありがとうございました。
仕事は辰砂釉の窯の準備です。陶主は釉薬を掛け始めました。私は箸置きを削りました。


20111015-1.jpg20111015-2.jpg20111015-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA