京焼「菊形向付」の削り仕上げ

京焼「菊形向付」の削り仕上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京焼「菊形向付」の削り仕上げです。この仕上げが大変なようです。菊の花びらを一枚一枚、鉋(カンナー削り仕上げをするための道具)で削りだしていきます。絵付けは京焼「十草文飯碗」の続きです。呉須(青く発色する絵具)線をひきおえ、茶の線を引き始めました。十草の絵付けは線のリズムとタイミングが大事です。


20111022-1.jpg20111022-2.jpg20111022-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA