百合紋蓋向付削りー蓋

百合紋蓋向付削りー蓋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

造りは引き続きけずり仕事です。身と蓋を合わせる最終段階です。蓋の形状ひとつにも、取っ手の持ち易さ、美しさにつながる細かな技が隠されています。

上絵は青もみじ紋平鉢の上絵の続きです。毎年何枚の青もみじの葉っぱを描いているのでしょうか…どの1枚も、生き生きとしています^^

豆角鉢は、外側の宝珠紋を描き終え、黄色と緑の色も入れて一回目を焼きます。

 

20160426.jpg201663185711.jpg201663185727.jpg