菊文平向付ーろくろ制作

菊文平向付ーろくろ制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は松図大鉢の化粧掛けの続きです。化粧掛けは見た目簡単そうに見えますが、素焼き前の生の素地に水分のある化粧土(泥状)をかけるので乾きの具合などを把握していないと潰れてしまいます。陶主の作る器は基本薄手なので、乾きの加減はとても慎重です。昨日内側をかけて乾かしてあったものの外側に化粧をかけて仕上げていきます。その後、菊形向付のろくろびきです。私は菊形向付の金付けを終え窯に入れ、先に焼けてきた菊文平向付の写真撮影です。その後、宝文猪口の絵付けに入りました。


20130831-1.jpg20130831-2.jpg20130831-3.jpg

20130831-4.jpg20130831-5.jpg20130831-6.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA