震災15年を思って

震災15年を思って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。一月も早半ばを過ぎました。各地に大雪をもたらした寒波も東に去り、今日は一日穏やかな日曜日になりました。暦を見ていると二十日が大寒ということで、寒さの一番底ですね。この冬予報では暖冬ということでしたが、昨年末から集中豪雪の様相です。夏と云い冬と云い寒暖の差が激しく、人の世もまた激変の大波にさらされています。

今年は阪神淡路大地震から15年ということです。1995年は、日本国が「地割れ」をしたという印象をもった一年でした。オーム真理教の地下鉄サリン事件。宗教という蓑に隠れた国家テロに対する恐怖。政府の危機管理の曖昧さ。等々が露呈された一年でした。戦後築いてきた「神話」が、まるで旧約聖書のバベルの塔のように、われわれの心から崩れ去って行ったように思われます。あのときから長く日本は彷徨ってきたように思われます。

21世紀に入り間もなくアメリカの同時多発テロが起こりました。貿易センターが崩れる様子は、この世のものとは到底思えない光景でした。その後、アメリカは一方で莫大な戦費を使い中東に戦争を仕掛け、国内ではサムプライムという誰が考えてもおかしな投機に、なだれを打ってばく進していきました。そして一昨年、アメリカ発経済危機を起こす羽目になりました。そしてオバマ大統領の誕生となるのですが、、、、、、。

この15年を振り返れば、何か5年置きぐらいに大きな節目がある様に思えます。国内では昨年ようやく政権が交代しました。新年明日から国会が始まりますが、民主党は小沢疑惑事件でどのような国会運営をするつもりなのでしょうか。小沢さんがあれほど強く言い切るには、よほどの覚悟があるのでしょうか。田中ロッキード事件の怨念とも受け取られていますが。説明責任を果たしていないとかなんとか言いますが、真相は実はどうにでも解釈されるようなことではないのかとも思います。民主党大会の鳩山首相の発言も尋常でないように思いますが。もっとドシッとした国家ビジョンを見せてほしい。その様に願っているのですが、どうもワイドショウ的で、軽々しく思えてなりません。

工房は今日はお休みですが、先週色々な食器を轆轤挽きしたので、写真で紹介するつもりでしたが、つい色々と書き始めるとこんな風になってしまいました。今年のテーマは「原点回帰」より多くの食器を提供できるよう頑張っていきたいと思っています。

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA