ビールカップの削り仕上げ

ビールカップの削り仕上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。春分の日から三連休。今日は中日で朝から清々しい好天気に恵まれました。この付近の山々ではもう山桜が咲き出して来ました。あまり記憶にない早さに驚いています。この天気も今日だけで、明日は春の嵐がやってくるということです。南風が吹き荒れその後寒さが戻ってくるらしいです。山の暮らしはまだまだストーブが放せません。

工房は今日も仕事です。慢幕紋深向こうの削り仕上げとビールカップの仕上げをしました。ビールカップはHPで紹介していますが、今回絵替りで杜若を描いてみたいと思っています。イメージはすっかり出来上がっているので早く焼きあげて更新してみたいと思っています。また瓢箪なんかも面白くデザインしてみたいと考えています。

色々とテストの材料が揃ってきたので、来週にかけて一度耐火煉瓦窯を焚いてみたいと思います。乾山陶器、慢幕紋深向こう、など呉須や鉄絵具のテストが入ってきます。内容が濃いので期待しています。

一つの仕事を進めるのにかなりの時間が掛かります。私の場合考えを詰め込んで焼く癖があるようです。もっと手早くされる方もいるのでしょうが、自分自身が納得するのに時間がかかる様です。いつもながら不器用だと思います。これも自分の流儀なのでしょう。


京焼 ビールカップ

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA