新作牡丹文小蓋物ー絵付け

新作牡丹文小蓋物ー絵付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事は水仙小皿の削り仕上げです。それから施釉、釉直しです。絵付けは新作の蓋向付、「牡丹」です。赤の濃淡を使い、大胆に配置しました。葉を描き、金で花を縁取って仕上げます。型は花筏文小皿原型の仕上げです。


20150202.jpg20152119283.jpg201521192825.jpg