窯準備ー2014.01.23

窯準備ー2014.01.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は一定数、交趾梅形皿の形を起こした後、削り仕上げに入りました。私は素焼きが上がってきたので生地の掃除をし、撥水剤をかけ、道八の雲錦手見本の絵付けをしました。雲錦とは桜ともみじを合わせた絵柄で、道八の得意とされた絵柄です。この段階では木の幹と少しのもみじですのでわかりにくいですが、本焼き後に上絵でもみじと桜の花びらを描いていきます。その後、工房は窯の用意です。釉薬をかけ、釉を直しました。


20140123-1.jpg20140123-2.jpg

20140123-3.jpg20140123-4.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA