青交趾土器皿ー色盛り

青交趾土器皿ー色盛り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青交趾土器皿の3回目の色盛りです。交趾は重ねて色を盛り、高温で焼きつけて鮮やかでしっとりとした色合いを出します。2度目と3度目で色合いがぐっと変わります。重ねて色を焼きつけることで、上絵の具が層を成し、全体がしっとりと溶けて色味が落ち着きます。もちろん絵具の種類によっては溶剤を足したり調整は必要ですが、重ねて色を焼きつけていくのが基本です。


20131204-1.jpg20131204-2.jpg20131204-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA