色絵紅白梅文鉢ー輪花とり

色絵紅白梅文鉢ー輪花とり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は色絵紅白梅文鉢の削りを終え、輪花をとっていきます。’輪花をとる’とは器の口元をカットすることを言います。カットすることで花びらが重なり合うような風情に見えるからでしょうか。私は錫銚子の陶蓋に下書きを入れていきます。


20131112-1.jpg20131112-2.jpg20131112-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA