施釉と釉直し

施釉と釉直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は仕上がった乾山白梅文平向付に釉薬をかけました。その後、5寸皿のろくろ制作です。私は富士形向付の見本に美保の松原の松を茶で描いて仕上げました。その後、釉の手直しです。


20131031-1.jpg20131031-2.jpg20131031-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA