乾山菊形向付ー削り仕上げ

乾山菊形向付ー削り仕上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工房はもうしばらく菊形向付の仕事が続きます。陶主は乾山菊形向付の削り仕上げです。菊形向付の形ができるまでの工程をザックリ紹介します。まづ、型起こし→型を起こした際のバリ取り→菊の花の輪花をしっかり入れる→底の削りだし→側面→口の厚みを整える→輪花を綺麗にする→内側へ→厚みを整えながら外側、内側、交互に仕上げていく→削り後を綺麗にする→重さ、厚みの総仕上げ→完成→化粧掛けへ。工程がすごく多いですね。一日3つしか削れない理由です。


20130810-1.jpg20130810-2.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA