乾山竜田川反鉢ー絵付け

乾山竜田川反鉢ー絵付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は足を付けて仕上げた器に化粧をかけていきました。白化粧の硬さを調節して、筆で盛っていきます。その後、また足付です。私は百合形向付の型を起こしてから、乾山竜田川反鉢の下絵付けに入りました。


201307020-1.jpg201307020-2.jpg201307020-3.jpg

201307020-4.jpg201307020-5.jpg

 

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA