百合形向付ー削り仕上げ

百合形向付ー削り仕上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は青もみじ文平鉢のろくろ制作を終え、百合形向付の削り仕上げに入りました。私は、鶴首の絵付けの続きです。肩部分の小紋を描いていきます。麻の葉文様を金で骨描きしていきます。一部、色を変えもみじに仕上げます。この小さな三角の中に色を盛っていきます。


20130406-1.jpg20130406-2.jpg20130406-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA