春草文醤油差しー接着

春草文醤油差しー接着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は口部分の制作を終え、パーツがそろったところで組み立てていきます。口部分をカットして本体に引っ付け、細い紐を作って持ち手にします。ようやく醤油入れの雰囲気が出てきましたね。私は毬紋4寸皿の裏側を仕上げ窯に入れました。それから七五三飾文大鉢の絵付けに入ります。


20130211-1.jpg20130211-2.jpg20130211-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA