梅のお鉢、色調整

梅のお鉢、色調整

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は貝塚市山手地区公民館、陶芸クラブの指導に行きました。私は焼きあがった梅のお鉢の色を調整しました。茶が薄かったので盛り足して、笹の濃淡をつけました、再度窯へ。その後、色絵毬紋4寸皿の金の骨描きの続きです。


20130201-1.jpg20130201-2.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA