桐菊文角向付ー成形

桐菊文角向付ー成形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は桐菊文角向付の成形です。手びねりで角形を成形し、石膏の型を使って形を決めていきます。私は色絵雪輪文蓋向付の絵付けの続きです。蓋の外側の雪輪に白盛(白い絵の具)を盛っていきます。
ところで上絵と下絵、何の上下だかわかりますか?器の表面を覆っている釉薬の下(素焼きの状態)に描いているのが下絵で焼けてから釉薬の上に描くのが上絵です。色絵雪輪文蓋向付は上絵です(^^)


20121112-1.jpg20121112-2.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA