桐菊文角向付ー成形

桐菊文角向付ー成形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は先の桐菊文角向付を削り、次の制作です。ある程度手びねりで仕上げたところに、以前に作った石膏型を使って、角を決め成形します。削り終えた器は重石をのせて変形から守ります。私は雪輪文蓋向付の絵付けの続きです。


20121103-1.jpg20121103-2.jpg

20121103-3.jpg20121103-4.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA