ひとつひとつ

ひとつひとつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は夕顔文向付の化粧掛けの続きです。一つ一つの花を細部まで描いていきます。この化粧が出来上がりの花になるので盛加減や蔓の具合など気が抜けません。私も色絵小紋向付の続きです。赤絵が終わり色盛りです。こちらも一本一本です。


20120926-2.jpg20120926-1.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA