葵紋飯碗ー化粧掛け

葵紋飯碗ー化粧掛け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は葵紋飯碗を削り終え、白化粧をつけていきます。陶主は陶芸を始めた頃から白化粧が好きだったらしく、化粧を使った作品も数多くあります。今日は化粧の白さが器のイメージをよりはっきりさせるところがいいねと言っていました。私は青もみじ文大鉢の葉脈を入れ、青もみじ文平鉢の色盛りに入りました。


20120426-1.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA