乾山写し梅文平向付ー続化粧かけ

乾山写し梅文平向付ー続化粧かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に引き続き、乾山写し梅文平向付に化粧で梅を描いていきます。時期的に旬の器なので工芸店に急ぐようにお願いがありました。がんばります!陶主は仁清土の在庫がなくなりかけているので真空土練機を使って再生をしています。この土に変わる土も早く形にしないといけませんね。ほんの少しのことですが作品に大きな影響、変化を与えてしまうので土は本当に大事だと思います。


20120114-1.jpg20120114-2.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA