七宝文香合ー金骨描き

七宝文香合ー金骨描き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は貝塚山手地区公民館、陶芸クラブへ指導にいきました。
先日、内側だけ色を盛って焼いた香合です。表面天が青いのは先に天だけ仕上げて器を持つことが出来るようにするためです。上絵はいかに描きやすく色を付けていくかというのが大事です。 内側全面”青”です。表面は七宝文で描きつくすので、今は色だけが目に入り濃いように見えますが仕上がったら、バランスが落ち着きます。今日は金の骨描き(線描き)です。


20111125-1.jpg20111125-2.jpg20111125-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA