乾山写し絵替わり飯碗-絵付け

乾山写し絵替わり飯碗-絵付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は京焼四方小皿の削り仕上げです。この四方小皿は、 四隅をカットしてあるせいか、よく型で作っているのかと聞かれます。この四方小皿はろくろで華奢にひくこと、そして4隅をカットしたことで出てくる軽やかさがいいところです。型で作るとどうしてもその部分は出てこないと思います。そこに四季の絵柄が描かれてある盛り沢山なところが魅力なのではないでしょうか。絵付けは乾山写し絵替わり飯碗です。呉須と鉄絵で描いていきます。ざっくりとした絵付けです。


20110917-1.jpg20110917-2.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA