雲菊文銚子ー削り仕上げ

雲菊文銚子ー削り仕上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陶主は乾山写し雲菊文銚子の削り仕上げをしました。蓋を本体に合わせて後からつまみの部分を作ります。蓋はカツラ部分と表面を綺麗に削って仕上げ、最後に表面につまみ部分を付けました。へらで傷をつけどべを塗り、一つまみの土をお団子にして引っ付けてあります。画像を見る限りでは、さも最初からそのように見えますが、ひと手間入ってます。細工物は時間がかかりますね。この銚子は、この後、そそぎ口と持ち手が付きます。

20110728-1.jpg20110728-2.jpg20110728-3.jpg

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA