2013年 10月 の投稿一覧

施釉と釉直し

陶主は仕上がった乾山白梅文平向付に釉薬をかけました。その後、5寸皿のろくろ制作です。私は富士形向付の見本に美保の松原の松を茶で描いて仕上げました。その後、釉の手直しです。


20131031-1.jpg20131031-2.jpg20131031-3.jpg

5寸皿ーろくろ制作

陶主は5寸皿のろくろ制作です。私は箸置きの続きです。それから素焼きを出し、乾山白梅文平向付の口元に茶を巻いて仕上げます。


20131030-1.jpg20131030-2.jpg20131030-3.jpg

オーダー「唐草紋豆皿」ー削り仕上げ

陶主はオーダー豆皿の削り仕上げの続きです。この豆皿に唐草を描きます。その後、5寸皿の制作に入りました。こちらは紅白梅を描きます。私は赤絵結び箸置きの型起こしです。小さいので乾きが早く、いくつか起こしたらヘラや鉋を使って仕上げていきます。

20131029-1.jpg20131029-2.jpg20131029-3.jpg

20131029-4.jpg20131029-5.jpg

赤絵結び箸置きー型おこし

陶主は錫銚子陶蓋、うば口の削り仕上げです。その後、オーダーの豆皿の削り仕上げです。私は乾山松図大鉢の絵付けです。一度焼いて色付けした上から、もう一度、青(緑)で松笠の部分に色を盛って濃淡を出していきます。それから箸置きを起こしました。


20131028-3.jpg20131028-1.jpg20131028-2.jpg

20131028-5.jpg20131028-4.jpg

錫銚子陶蓋ー削り仕上げ

陶主は蓋のろくろ制作を終え、削り仕上げに入っています。蓋は蓋のつまみのある上の面はろくろ引きの時点で完成しており裏の部分を削り取って仕上げていきます。私は乾山白梅文平向付の絵付けです。


20131026-1.jpg20131026-2.jpg20131026-3.jpg

乾山白梅文平向付ー絵付け

陶主は貝塚市山手地区公民館、陶芸クラブの指導に行きました。私は乾山白梅文平向付の絵付けの続きです。本歌乾山の器は松、藤、ススキ、菊、この梅の5種類の絵替りです。来年は違う絵柄も出していく予定です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

20131025-1.jpg

錫銚子陶蓋、うばぐちーろくろ制作

陶主は錫銚子の陶蓋のろくろ制作です。この蓋はうば口と言って中央が凹んでいるタイプです。平蓋より制作は難しいそうです。私は乾山白梅文平向付の絵付けです。鉄と呉須(青く発色する顔料)を使って描いていきます。


20131024-1.jpg20131024-2.jpg20131024-3.jpg

新作見本ー富士形向付

陶主は新作富士形向付の見本だし、削り仕上げです。形を削り出して足をつけて完成です。まるで型で作ったみたいに見えますね、陶主にとって型で作るも手ひねりで作りも形のイメージが決まっているためにあまり差がないみたいです(^^)私は乾山白梅文平向付の化粧盛です。


20131023-1.jpg20131023-2.jpg20131023-3.jpg

錫銚子陶蓋ーろくろ制作

陶主は錫銚子の陶蓋のろくろびきです。まだ制作途中で絵柄の写真はありませんが、錫の銚子に華やかな絵付けの陶蓋がされてる風情はなんとも御目出度いですよね。お正月や特別な日にどうぞお使いくださいませ!仕事はその後、新作の富士形向付の見本を土を替えての制作です。私は乾山白梅文平向付の化粧盛りです。

20131022-1.jpg20131022-2.jpg

20131022-3.jpg20131022-4.jpg