2013年 5月 の投稿一覧

色絵瓢箪文四方小皿-絵付け

乾山色絵竜田川透反鉢が焼きあがってきました!早速オーダー主様のところに発送します。絵付けは色絵瓢箪文四方小皿です。呉須で葉脈を入れていきます。


20130531-1.jpg20130531-2.jpg

竜田川図透彫反鉢-金彩

陶主は夕顔文平向付の削り仕上げをし、夕顔文蓋向付の残りの化粧掛けをしました。私は乾山竜田川図反鉢の金彩をしました、低温で焼き付けます。


20130530-1.jpg20130530-2.jpg20130530-3.jpg

色絵松文盃ー絵付け

松文盃の絵付け完成です。木の背後に松の葉を描いてあります。金の葉と重ねて奥行を出した小さいながら面白さのある盃です。その後、四方小皿の仕事に入ります。


20130529-1.jpg20130529-2.jpg

夕顔文蓋向付ー見本化粧仕上げ

夕顔文蓋向付の削り仕上げをし、割をつけ化粧を盛って仕上げました。その後、夕顔文平向付の削り仕上げです。絵付けは松文盃です。


20130528-1.jpg20130528-2.jpg20130528-3.jpg

20130528-4.jpg20130528-5.jpg20130528-6.jpg

乾山竜田川反鉢ー絵付け

陶主は見本制作の後、同シリーズの夕顔文平向付の制作です。私は乾山竜田川反鉢の外側の絵付けです。内側の絵具のバランスを見ながら、淡い部分は色を盛り足します。


20130527-1.jpg20130527-2.jpg

夕顔文蓋向付ー見本制作

陶主は新作の夕顔文蓋向付の見本制作です。私は乾山竜田川図反鉢の絵付けです。内側から描いていきます。ここで一度焼きつけることにします。それから、松文盃の絵付けに入ります。写真中は絵具をガラス版でする道具です。これも手作りです。


20130525-1.jpg20130525-2.jpg

20130525-3.jpg20130525-4.jpg20130525-5.jpg

千鳥文猪口ー下絵付け

陶主は貝塚市山手地区公民館、陶芸クラブの指導に行きました。昨日の窯が焼けてきました。焼けは良好です。内容は焼き上げ作品でアップします!写真はどちらも見本ですが、左・糸巻形向付です。中・乾山竜田川図鉢です。こちらはこれから上絵を入れて仕上げます。仕事は千鳥にダミ(呉須などで縁取った中を塗ること)を入れて千鳥文猪口の絵付けを仕上げました。


20130524-1.jpg20130524-2.jpg20130524-3.jpg

色絵花文小皿ー化粧掛け

陶主は色絵花文小皿の皿の淵に輪花(皿の淵や鉢の口元に小さくカット入れてアクセントをつくる技法のこと)をとって化粧掛けです。それから見本制作のための土作りです。私は千鳥文猪口の下絵付けです。


20130523-1.jpg20130523-2.jpg20130523-3.jpg

窯詰めー2013.05.22

新作の糸巻向付の素焼きがあがってきましたのでそちらにも釉薬をかけ、昨日からの釉直しを仕上げ窯詰めです。内容は四方小皿、乾山竜田川反鉢、千鳥文猪口、宝文鉢、芦千鳥文小皿、糸巻形向付、十草文飯碗です。糸巻形向付は足も釉をかけたので底持たせで焼きます。目土で輪を作りその上に置いて焼きます。


20130522-1.jpg20130522-2.jpg

20130522-3.jpg20130522-4.jpg