2011年 12月 の投稿一覧

本年も有難うございました!

昨日は工房の大掃除でした。窓を拭き、屋根に上がって裏山の落ち葉によるトユの詰まりをとって、屋根にかかる木を切りました。今日は、寒さ対策で窓にビニールを貼りました。昨日の木や竹を燃やして終わりです。
工房は今日でお休みになります。皆様、本年も有難うございました。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


20111229-1.jpg20111229-2.jpg

水仙豆皿ー型仕上げ

本年最後の火曜教室です。大壺の削り仕上げの手を入れています。来年6月に展示会を開くことになり、作陶に集中するために来年2月に火曜教室を一度解散することになりました。皆さん作りかけの作品を仕上げていく方向で進めています。昨日仕上げた水仙豆皿でしたが、もう少し華やかに花の数を増やしました。


20111227-1.jpg20111227-2.jpg

4寸皿ー削り仕上げ

陶主は4寸皿の削り仕上げの続きです。この4寸皿の絵柄は春夏秋冬で4パターン制作します。白化粧をかけて景色を作り、絵をのせていきます。私は水仙豆皿の型仕上げです。足をつけて完成しました。


20111226-1.jpg20111226-2.jpg

水仙文豆皿ー原型、水仙の彫り

今日は初雪が降りました。工房は今年一番の冷えでした。仕事は乾山梅文平向付のろくろびきを終え、4寸皿の削りに入りました。豆皿は水仙の彫りを入れていきます。何度か仮起こしをしながら形を出していきます。お昼から昔からの馴染の方が遊びに来られました。開窯当初の6寸皿を見せて頂きました。今は使っていない窯で焼いたものでしっかりと焼きこまれているのにきばりを感じさせない柔らかさのあるいいお皿でした。写真では良さを伝えきれていないのが残念ですが、とてもいいものを見せて頂きました。有難うございます。


20111224-1.jpg20111224-2.jpg20111224-3.jpg

20111224-4.jpg20111224-5.jpg

水仙文豆皿ー型制作

陶主は乾山梅文平向付のろくろびきです。私は型制作の続きで豆皿の新作を作っています。形を陶主に見てもらっているとワンコ達がストーブに寄ってきました、ななちゃんとラッキー君の珍しいツーショットです(^^)


20111223-1.jpg20111223-2.jpg20111223-3.jpg

松図向付、角向付ー型制作

朝から貝塚ブランドショップに工房で売れた品物を引き取りに行ってきました。位置は貝塚駅の東口を出てすぐ向かいの筋に入ってすぐのところです。始めて行ったので少し迷ってしまいました。仕事は梅文平向付のろくろ成形と型成形の続きです。


20111222-1.jpg20111222-2.jpg20111222-3.jpg

 

乾山写し「梅文平向付」-ろくろ制作

陶主は4寸皿をひきおえ、工芸店ようびさんの乾山写し「梅文平向付」の追加制作に入りました。工房この時期は冷えるので犬たちもストーブの前陣取り合戦をしています。写真の土の塊は見覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんね。菊桐文角向付と松図向付の型です。どちらも素焼きの際に破損し、今回はリベンジです。この型制作も結構時間がかかるので、ほかの仕事を挟みながら進めていきたいと思います。


20111221-1.jpg20111222-2.jpg20111221-3.jpg

20111221-4.jpg20111221-5.jpg

4寸皿ー続ろくろ制作

昨日に引き続き、4寸皿のろくろ制作です。今回の貝塚市から頂いた仕事はテストケースで人気が出れば次々と絵替わりにしていくようです。次に繋げないといけませんね。張り切っていきましょう。鉋目皿は長い制作でしたが、化粧の直しも終了し素焼待ちです。  


20111220-1.jpg20111220-2.jpg20111220-3.jpg

4寸皿ーろくろ制作

ようやく鉋目皿制作を終了しました。先日、貝塚市からのオーダーで、他市や海外からの来客に配るお土産物を陶器で作りたいとのご依頼がありました。その器制作に入りました。絵付けは、笹を描いた後に、再度、化粧で雪を降らせたあと、はがれた化粧をとり手直しの作業です。絵付けより直しの方が手間はかかります。


20111219-1.jpg20111219-2.jpg

雪笹鉋目皿ー削り仕上げ

陶主は乾山写し雪笹鉋目皿(小)のけずり仕上げです。あと少しで終わりです。大きいサイズが2種14枚、小さいサイズが14枚です。HPからの年末ご愛陶感謝企画を作りましたのでどうぞよろしくお願いします。

20111217-1.jpg