2008年3月の焼上げ作品

2008年3月の焼上げ作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京焼 色絵桜文4寸皿

一つ目は一昨年から続いています、「桜紋青盛4寸皿」です。

金で全て骨描きをして、桜を青を金で幻想的に表現しています。大変贅沢な取り皿ですが、厭味なところが無く、上品で優雅な作品が人気を呼んでおります。古清水にもあまり桜の題材はないのですが、ようびの真木さんが持っていたものから引用いたしました。
どうぞ、是非手に取って見てください。
「かるみ」の効いた驚きの4寸皿です。

京焼 ぼんぼりこちらは「赤絵ぼんぼり型猪口」です。

こちらも昨年からお題を頂き、昨年は轆轤の型打ちという技法で作らせて頂きましたが、もっとラフな感じでとう云う事を言われましたので、今年は轆轤で引き揚げた物を一つひとつ六角を手ひねりで作ってみました。

ころころと可愛い猪口に仕上がったので満足して頂けるとおもいます。どんな、料理が盛られるのでしょうか?楽しみです。

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*

CAPTCHA